釉薬と陶芸用品/陶器と陶磁器

釉薬 陶芸用品

HOME > 釉薬とは

釉薬とは

釉薬は「ゆうやく」または「うわぐすり(上薬)」とも言い、やきものの専門用語です。釉薬とはやきものの表面にかかっているガラスのようなものです。釉薬を掛けて焼くことによって様々な色を出したり、水が漏らないようにしたり、汚れが付きにくくなったりします。一般にペンキのようなドロッとした液体です。

釉薬の歴史

やきものに色がついたのは、中国から奈良時代に三彩陶が入ってきてからで、それまでは自然釉(窯の中で燃料の薪が溶融剤となって、粘土中の長石を溶かしてガラス質をつくる)だけでした。日本でもその影響で、正倉院にのこる奈良三彩などがつくれるようになりました。
平安時代には、すでに釉薬はつかわれていましたが、まだごくわずかでした。本格的に釉薬を施した陶器が焼かれたのは鎌倉時代の古瀬戸からで、灰釉と鉄釉の2種類が使われていました。