釉薬と陶芸用品/陶器と陶磁器

釉薬 陶芸用品

HOME > 陶器と陶磁器の違い

陶器と陶磁器の違い

陶器と陶磁器は、その名前の通り焼き物としても大きな違いが存在します。陶器というのは、自然界に存在する粘土を原料として焼いていくものですが、陶磁器というのはその名前の通り土物を利用しているわけではなく石物を利用しています。土物は、原材料を自然界のものに依存していますが、磁器の場合は陶石と呼ばれている小さな石の粉を利用して作っていきます。

使われている材質に大きな違いが存在するため、焼いた後の出来上がりに関しても両者には大きな異なりが存在するのです。

粘土を主原料としている場合には、叩くと鈍い音がするという性質があります。一方で、石を利用している陶磁器は叩くとかわいた音がします。この音は、ガラスの音に近い性質を持っています。

土の場合は、自然から感じられる素朴な温かさが存在しますが、磁気には表面的な美しさが存在します。実際に、これら二つの物は利用されている場面も異なります。

使われている素材が違うわけですから、日常生活の中で利用した場合にも使用できる洗剤などが異なっているわけです。このように、これら二つには大きな違いが存在するため、普通は分けて考えることになります。見た目上の温かさや表面的な美しさなどを参考にして理解するとわかりやすいです。

素材の違い